スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男子マラソン、マカウ選手が世界新記録

20338.jpg

[抜粋:スポニチ]

ベルリン・マラソンが25日に行われ、ケニアのパトリック・マカウ(26)が2時間3分38秒の世界新記録で連覇を達成。
08年のこの大会でハイレ・ゲブレシラシエ(28=エチオピア)がマークした2時間3分59秒の世界記録を3年ぶりに更新した。

マカウは気温11・5度で晴天という好条件に恵まれ、全てのラップを14分台でクリア。
2位に4分以上の大差をつけてフィニッシュした。主要マラソンは4回目での世界記録樹立。

「勝つのではなく、経験を積むことが目標だったが、全てうまくいった。レース人生で最も素晴らしい日になった」。
レース後はすぐにケニアの国旗を掲げてウイニングランをする余裕まであり
「マラソンが新たな時代に突入する一日になったと思う」と胸を張った。



スプリットタイム
5km - 14:36
10km - 29:17 (14:41)
15km - 43:51 (14:34)
20km - 58:30 (14:39)
Half-marathon - 61:43
25km - 1:13:18 (14:48)
30km - 1:27:38 (14:20)
35km - 1:42:16 (14:44)
40km - 1:57:15 (14:59)
Finish - 2:03:38 (6:23)(61:55)



- - - - - -

以前から記録の出やすいベルリンマラソンですが、
大会によってコースの違うマラソン競技でもいつの間にか「世界新記録」認定がなされる様になったんですね。
(IAAF(国際陸上競技連盟)にコースが認定されると記録が認められるそうです。)

それにしても2時間10分を切ったら凄いと言われたのは、もう昔の話?
今まであらゆるスポーツでの先人の"不滅の記録"が破られてきた様に、
フルマラソンもいつか、2時間を切る瞬間が観られるのでしょうか。

時速約20kmで2時間走り続けるんでしょ。想像もつかない。凄いなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。