スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男子ハンマー投げ、室伏選手が金

murohushi11.jpg

(抜粋:サンスポ)

陸上の世界選手権第3日の29日、韓国の大邱で行われ、
男子ハンマー投げ決勝で日本の室伏広治(ミズノ)が81メートル24を投げ、
今大会日本勢初のメダルとなる金メダルを獲得した。

04年のアテネ五輪で金メダルを獲得した室伏だが、世界陸上での優勝は初めて。




- - - - - -

世界の鉄人、室伏選手が悲願の優勝。

これで04年のアテネオリンピックに続いての金。
集大成と位置付ける、来年のロンドンオリンピックへの出場も内定しました。

初めて80mを超えた2000年から丸11年。
以前はローカル試合でも80m超えを連発していた室伏選手ですが、
ここ数年は意図的にピークを夏の国際試合に合わせていて、今大会でも見事シーズンベスト連発での優勝。


身体能力の変化や記録の出し方まで調整する陸上エリート。
世界陸上史上でも最年長となる36歳と325日での金メダルは、"世界の鉄人"たる所以でしょう。

こんな世界舞台での日本人選手の活躍は本当に嬉しい。室伏アニキ、おめでとうございます!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。