スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パネライ エジツィアーノ(PAM00341)

2011-07-11 13.48.23

「ラジオミール エジツィアーノ」


こちらは2009年のSIHHで発表された、
パネライ社が1956年に当時のエジプト海軍の要請で設計した腕時計、を再現したモデルです。

「ルミノール」「ラジオミール」と並ぶ、
現行「サブマーシブル」シリーズのデザインソースにもなっていて、
逆回転防止機能・立体マーカー付きの大型ベゼルが特徴的。

世界限定で300本のみ生産された大変貴重な時計で
幸運にも初めて現物を見させていただく機会があったので、紹介させていただきます。


2011-07-11 13.48.50

ムーブメントは手巻きでオリジナルと同じ8日間巻きを確保。

文字盤3時位置にも「8 GIORNI BREVETTATO」(8日間特許取得)の刻印が入ってます。




2011-07-11 13.51.40

腕に乗せてみるとこんな感じ。ラグが腕をハミ出てます…(笑)




2011-07-11 13.50.25

PAM00351と並べてみました。
44mmケースが小ぶりに見えてしまうこの不思議。

大きさはケース径、実に60mm。圧巻の一言です。



ケースがチタン製なので見た目ほど重くないのですが、それでもこの大きさは規格外。

スタローンやシュワルツェネッガーが持っているモデルというのもあって、
アクション映画の俳優さんなんかが付けてたらかっこいいだろうな~。




13125078007350.jpg

↑こちらが1956年当時のオリジナル
全部で100本程度製造され、最終バージョンはスティールケースがマット仕上げからポリッシュ仕上げに、
文字盤がラジオミールからルミノール塗料に変更・採用されました。



過去のモデルの復刻という点ではムーヴメントの大きさの影響か、
オリジナルと比べてスモールセコンド(秒針)なんかがやや内寄りでしょうか?
それでもほぼリアルに再現されていて、パネリスティには堪らんモデルですよね。

流石にこの大きさを付ける勇気はないですが、、今後44mmサイズとかで復刻されたら欲しいな~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。