スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロ野球後半戦開幕

阪神はなんとか2位で折り返し!

前半戦の個人的な感想です。


・打撃陣
マートンの復調が大きい。
開幕当初は左足を上げる新打法が結果出なくて賛否両論ありましたが、そこは去年の安打王。
むしろ低反発球で各バッターが苦労している中、アベレージを残しつつ長打も増えて言うことなし。

後半戦のキーマンは、4番新井でいくなら、間違いなく新井でしょう。
得点圏打率、チャンスでどれだけ決勝打を打てるかで勝敗はだいぶ変わってくるのでは。

ブラゼルは本塁打が激減してますが、アベレージは安定してきたしスタイルを変える必要はないのかなと思います。
阪神の本拠地を考えると、広い上に浜風が強く、元々が左の大砲には本塁打の出にくい球場。
低反発球の導入も考えると、ブラゼルに限らず、つなぎの野球が正解かなと思います。ヒットの延長がホームラン、という感覚でしょうか。


・先発陣
前半戦は能見、岩田、スタンリッジ、メッセンジャーの4人がローテーションを守るだけでなく、ほとんどの登板で試合を作ったのが大きい。
中でも阪神の助っ人投手で初めて月間MVPを獲ったスタンリッジ。今の安定感は能見、岩田を凌ぐのではないでしょうか。
久保も故障明けで戻ってきたけど、先発候補は何人いても良いくらい。

秋山、ジェン、鶴、下柳あたり十分一軍でも通用するレベルの選手がいるので、競い合って頭一つ抜ける選手が出てきてほしいところ。


・中継ぎ陣
何といっても新人榎田でしょう。
キツい場面でも新人離れしたマウンド捌き、豊富な球種と球のキレ、内角を突く度胸。
先発でも見てみたいけど、今のチーム事情では一年通して中継ぎかな?
登板過多での故障だけは気を付けてほしいところ。そして目指せ新人王!


・抑え
相変わらず今年も盤石で、出てきて負けても納得できる。
後ろに藤川球児がいる、というだけで相手チームにかかっているプレッシャーは計り知れないのではないでしょうか。


勝っても負けてもタイガース。今年こそ優勝したいなぁ…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。