スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神、藤浪投手を1位指名

fujinami-draft.jpg

[抜粋:SANSPO.com]

プロ野球ドラフト会議が25日、都内のホテルで行われた。

注目の藤浪晋太郎投手(大阪桐蔭高)は4球団が1位指名で競合し、抽選の末に阪神・和田豊監督が交渉権を引き当てた。
同校で会見した藤浪は「これだけの球団に1位という評価をいただいて感謝している。
阪神タイガースさんにお世話になって、しっかり頑張っていきたい」と抱負を口にした。

チームの印象について聞かれると「熱狂的なファンが多くて、熱く応援していただけるイメージ」と即答。
春夏連覇を達成した思い出の地で投げることに「甲子園のマウンドはすごく投げやすい。そういう意味でも入団することができて良かった」と笑顔をみせた。

結果を待っているときは「どこになるんだろう、という何とも言えない気持ち」だったというが、和田監督がくじを引き当てた瞬間「『阪神に入るんだなー』と思った」と実感したという。


- - - - - - - -

「197cmの長身から繰り出される最速153kmの直球」
その触れ込みだけでインパクトがある分、恵まれた体型と直球が特に注目されていますが
藤浪投手の凄いところは 投手として必要なあらゆる素材が一級品であること だと思います。

9回でも150kmを安定して超えるスタミナに、
スライダー・カットボールなど豊富な変化球の完成度の高さと制球力。
そして何より、甲子園春・夏連覇と大舞台でも実力を出せる精神力の強さ。
彼なら、阪神=人気球団ならではのプレッシャーもきっとものともせずに、第一線で活躍してくれるでしょう。

2位指名の北條選手も、藤浪選手とともに甲子園を盛り上げたスター。
スラッガーとして見た時に木製バットでのバッティングはまだまだ未知数とはいっても、地元出身のスター。
将来の中軸の担い手として期待せざるをえないでしょう。

今年は阪神にとってこれ以上にないドラフトになったかと思います。
日本シリーズ前だというのに、今から来シーズンが楽しみですね


[PR]五鈷杵 木製
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。