スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪桐蔭が春夏連覇

20120823-891949-1-L.jpg
[抜粋:YOMIURI ONLINE]

第94回全国高校野球選手権大会は23日、兵庫県西宮市の甲子園球場で決勝が行われ、
大阪桐蔭(大阪)が光星学院(青森)を3―0で破り、4年ぶり3度目の優勝を飾るとともに、史上7校目の春夏連覇を達成した。

史上初めて春夏連続で同じ顔合わせとなった決勝は、大阪桐蔭が四回に白水(はくすい)のソロ本塁打で先制。
五回に2点を追加してリードを広げると、エース藤浪が光星学院打線を2安打完封して、頂点に立った。

大阪勢の優勝も4年ぶりで、春夏連覇は2010年に興南(沖縄)が達成して以来。
光星学院は東北勢初の優勝を目指し、昨夏から3季連続で決勝に進んだが、またも夢を絶たれた。

大阪桐蔭・西谷浩一監督の話「みんなの集中力のたまもの。臆することなく試合に入れた。藤浪は3年間で最高の投球を最後にしてくれた。選手にはよくやったと言ってやりたい」

大阪桐蔭・藤浪晋太郎投手の話「自分たちのやってきたことが間違っていなかったと証明できた。偉大な記録を達成できて光栄です」



- - - - - -

大阪桐蔭が史上7校目の春夏連覇。

決勝戦も完封で飾った浪速のダルこと藤浪投手。
阪神ドラ1最有力候補という事で注目していましたが、
最速153kmのストレートを軸に、磨きあげたスライダー。あれは高校クラスで打てないでしょう(笑)

競合上等!阪神狙いに行くべし!!


[PR]位牌 京都
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。