スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内村選手、日本人28年ぶりの金

uchimurakouhei-gold.jpg
[抜粋:nikkansports.com]

<ロンドン五輪:体操>◇1日(日本時間2日)◇男子個人総合決勝

内村が最高のどや顔で金メダルだ!
世界選手権個人総合3連覇の内村航平(23=コナミ)が、出場選手24人中、ただ1人、全6種目で15点以上をマーク。
圧倒的な強さを見せ、合計92・690点で自身初の五輪金メダルに輝いた。
個人総合の日本選手の金メダルは84年ロサンゼルス五輪の具志堅幸司以来28年ぶり4人目。
また、内村は同種目で、世界選手権と五輪を制した初の日本選手となった。


内村は、団体総合決勝でミスをしたあん馬のスタート。
「今まで経験したことがない」と不安があったが、しっかりと着地までまとめ、最高のスタートを切った。
3種目目の跳馬では、2回半ひねりの着地を見事に決め16・266点の高得点。首位に立つと、その後は1度もその座を譲らず逃げ切った。

金メダルを取りに行くために、平行棒と鉄棒の技の難度を落とした。
代表の森泉貴博コーチから進言されたが、「最初は自分らしくないと迷った」。
しかし、同室には、一緒に表彰台に上がろうと誓い合った親友の山室が団体総合決勝の跳馬で骨折し、左足にギプスを巻いていた。
森泉コーチに「金メダルを山室に持って帰ろう」と言われ、納得した。

団体総合では「自分らしい演技ができなかった」。
しかし、この金メダルで「やっと内村航平を証明できたと思う」。そう話すと、最高のどや顔になった。



- - - - - - -

日本勢2つ目の金メダルは内村選手。
鬼門・あん馬からのスタートという事で心配でしたが、さすがは絶対王者。
海外選手も「彼は怪物」と認める、誰よりも美しく、正確で、強い体操。決勝でも完璧な着地の跳馬は身震いしましたね。

日本全国、いや世界中ですか。しばらく寝不足の日々が続きますね

[PR]位牌 注文
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。