スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリナーズ白星発進、イチローは4安打

ichiro2012tokyo001.jpg

[抜粋:産経新聞]

アスレチックス1-3マリナーズ=延長十一回(28日・東京ドーム)メジャー12年目の開幕戦を日本で迎えたマリナーズのイチローは「3番・右翼」で先発出場。
4安打1打点をマークし、日本のファンを沸かせた。マリナーズは延長11回に勝ち越し、3-1で勝利した。

イチローの、イチローによる、イチローのための一戦だった。
「僕にとって特別」と位置づけて迎えた母国・日本での開幕戦。3番で迎えた今季初戦を4安打で飾った背番号51が、最高のスタートを切った。

1、2打席目は俊足を生かし内野安打に。3打席目は外角低めに沈む球をバットの先端で巧みに拾い、中前へはじき返した。
5打席目も同じく低めに沈む変化球をとらえ中前への適時打。イチローらしさが凝縮された4安打に、東京ドームの満員のファンも、スタンディングオベーションで背番号51を出迎えた。

海を渡った2001年から続けてきたシーズン200安打が昨季、10年連続で途切れた。
今年で39歳を迎える背番号51にとって、今季は文字通り再出発のシーズンでもある。
そのイチローが最近刺激を受けたのが、川崎のメジャー昇格だった。

「あの立場(マイナー契約)から、それ(メジャー昇格)を奪い取ることがいかに難しいか。自分のことで誇らしく思うことはないが、他人のことで誇らしく思うことはたまにある」。
夢を純粋に追い求めてきた川崎が見せた野球へのひたむきさは、背番号51の琴線に触れた。
後輩の目標とされた自分自身が、奮い立たないわけにはいかなかった。

母国・日本で面目躍如となる4安打を放ったイチロー。背番号51の新たな歴史が、幕を開けた。



- - - - - - -

メジャー公式戦が開幕、イチローの2012年シーズンがいよいよ始まりました。

日本へ凱旋していきなりの4安打はさすが。早速チームの勝利に貢献しました。
今年は打順も3番という事で得点圏など大事な場面での活躍が増える事でしょう。今年も期待してます


[PR]五鈷杵 販売
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。