スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京マラソン、藤原新選手が日本人トップの2位

20120226-00000010-spnavi-000-4-view.jpg

[抜粋:スポーツナビ]
東京マラソン2012が26日、新宿の都庁前から東京ビッグサイトまでの42.195キロのコースで開催され、
マイケル・キピエゴ(ケニア)が2時間7分37秒で優勝した。

藤原新(東京陸協)は2時間7分48秒の好タイムで日本人トップの2位に入り、五輪代表へ大きく前進した。
2時間7分台は日本人選手として5年ぶりの好記録。
“市民ランナーの星”として注目の川内優輝(埼玉県庁)は14位だった。

気温5.1度の曇り空のなか、日本陸上競技連盟・河野洋平会長の号砲で3万5000人以上のランナーが一斉にスタート。
序盤は前世界記録保持者のハイレ・ゲブレシラシエ(エチオピア)らが先頭グループで快走。
25キロ過ぎに藤原新がペースを上げて第2集団から抜け出すと、40キロを過ぎてゲブレシラシエ、
さらにスティーブン・キプロティチ(ウガンダ)もゴール前で抜き、2位でゴールした。



- - - - - - -

藤原新選手が2時間7分台の好タイムで日本人トップの2位。

テレビで中継を見ていて、序盤ずっと集団の後ろに付いていた時には後半のペースアップは想像もしていませんでした。
ラスト1km、皇帝・ゲブレシラシエを抜いた瞬間は目を疑いました(笑)

公務員ランナー・川内選手といい今回の藤原新選手といい、実業団でない選手がマラソン界を引っ張っているというのが凄い話。これもまた新しい時代なのでしょうか。
色んな環境の選手が独自のスタイルで結果を残す。巷のマラソンブームにも一役買っているのかもしれません。
現在の実業団の駅伝中心の練習を見直していくことで、近い将来、日本勢のマラソン黄金期の再来がひょっとしたらまたあるのかも?

何にしてもこれでロンドン五輪も当確、記録的にも7分台なら十分世界と戦えるタイムなので期待せざるを得ないですね。
個人的には川内選手の失速が残念でしたが、もし今回の五輪出場が無理でも年齢的にもまだチャンスはあるでしょう。応援してます。

京都マラソンまであと2週間、こっちもいよいよです


[PR]位牌 注文
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。