2012年12月

福留選手の獲得について

ドラフトが終わってFA選手の去就も大体決まり、
各球団の来年の戦力もだいたい見えてきました。

スポンサーサイト

京都マラソン、寄付金ランナー再募集

[抜粋:京都新聞]

来年3月に開催される京都マラソンで、市に10万円以上の寄付をした人が出走権を得る「スポーツ振興サポートランナー」枠の申し込みが低調だ。
2億3千万円の赤字に陥った第1回大会の反省を踏まえ寄付を募ったが、定員500人に対し65人にとどまる。
市は税還付対象になることを知らせるチラシを作るなど、あらためてアピールを始めた。

■定員500人にまだ65人

サポートランナー枠は、マラソンの定員1万4900人のうち480人分で、2人1組のペア駅伝にも1組20万円以上で10組分の枠を設けた。
参加費とともに10万円以上の寄付が条件。寄付は「ふるさと納税寄付金制度」の対象で、確定申告すれば税控除される。

一般募集同様8月20日から受け付けるが、これまでマラソンで63人で、ペア駅伝は1組だけ。
市は「大阪国税局への税控除対象の確認が10月末と遅れ、強くアピールできなかった」としている。

このため今月中旬に寄付金控除になることを打ち出したチラシ3千枚を作成、ホームページでもあらためて申し込みを募っている。

市によると、10万円の寄付で条件によっては9万8千円まで所得税や住民税が控除になるといい、
市は「一般枠で抽選漏れしたランナーだけでなく、出走したい人へのプレゼントなども考えてほしい」と呼び掛けている。

先着順で、定員満たない場合も来年1月には締め切る予定。市市民スポーツ振興室TEL075(366)0314。



- - - - - - -

という事で、京都マラソン2013に参加費+10万円の寄付で確実に出走できる権利、まだ空きがあるみたいです。

10万円と聞くと高いですが、「ふるさと納税寄付金制度」の対象となって所得税の軽減、住民税の基本控除に加え、住民税の特例控除も受けることができるとか。
抽選外れた方、いかがでしょう~??
  ↓  ↓
京都マラソン公式京都市スポーツ振興サポートランナーご案内ページ


[PR]モダン仏壇
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。