漫画・アニメ

ジョジョ、アニメ&ゲーム化決定!

araki--jojo2012.jpg
[抜粋:楽天woman]

5日、漫画家・荒木飛呂彦氏の執筆生活30周年、代表作「ジョジョの奇妙な冒険」連載25周年を記念して開催される「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展」の記者発表会が六本木ヒルズにて行われた。
東京展のほか荒木氏の故郷である仙台展、グッチとのコラボレーションによるイタリア・フィレンツェ展の計3か所で開催される。
またTVアニメが10月から放送開始になるほか、プレイステーション3専用新作ゲーム「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル」の製作が決定したことも発表された。

「ジョジョの奇妙な冒険」とは、1987年から集英社発行の漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」誌上で連載がスタートし、現在も「ウルトラジャンプ」誌上で連載が続く荒木飛呂彦氏の大人気作品。

製作が決定したプレイステーション3専用新作ゲーム「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル」は、独特な作品世界やキャラクターの魅力を完全再現した、対戦格闘アクションゲーム。
「ジョジョ~」シリーズ歴代の主要キャラが登場し、スタンド、波紋、騎乗、流法など作品に登場した異なるバトルスタイルを対戦格闘アクションというゲームで再現する。

記者発表会に登壇した荒木氏は「ジョジョ~」を25年間描き続けてこれたことに
「先輩に『こち亀』の秋本先生がいるのですが、彼が規則正しい生活していると聞いて…僕もその規則正しい生活を続けているからでしょうか。徹夜はしません!」と25年間続けてこれた秘訣を語る。
また、執筆生活30年であるが、外見が“老けない”ことで有名な荒木氏。
若さを秘訣を聞かれ「最近の質問ナンバーワンです(笑)東京のお水で顔を洗う以外、特に何もしていません(笑)」と話し笑いを誘った。

「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展」は2012年10月6日(土)~11月4日(日)まで六本木ヒルズにて開催

「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町」は2012年7月28日(土)~8月14日(火)までせんだいメディアテーク 6階にて開催

プレイステーション3専用新作ゲーム「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル」は2013年発売予定 公式HPは→コチラ



- - - - - - -

jojo3-2012.jpg
スポンサーサイト

マジンガーZ、誕生40周年フィギュア発売へ

go-nagai aniki

[抜粋:SANSPO.com]

バンダイは14日、往年の人気アニメ「マジンガーZ」の放映40周年を記念し、
登場するロボットを精密に再現した高さ30センチのフィギュア「DX超合金魂マジンガーZ」(3万6750円)を12月に発売すると発表した。

「かつて少年だった大人たちに究極のマジンガーZを送りたい」(上野和典社長)という。


008l.jpg

ジョジョの奇妙なスマホ「L-06D JOJO」

jojosumafo.jpg

[抜粋:マイナビニュース]

NTTドコモは5月16日、ドコモスマートフォンの限定モデルとして「L-06D JOJO」を発表した。

少年ジャンプで掲載された人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」とコラボレーションしたモデルで、
ジョジョの世界観を反映したオリジナルライブ壁紙などをプリインストールする。発売は8月を予定。

L-06D JOJOと同時に2012年夏モデルとして発表された「Optimus Vu L-06D」をベースに開発した
ジョジョの奇妙な冒険オリジナルモデルで、同作品の作者である荒木飛呂彦氏が監修を監修を務めたスタイリッシュなデザインが特徴。
書き下ろしのイラストを使用した数多くの壁紙・ライブ壁紙をプリインストールするほか、作品の世界観を反映した6種類のきせかえテーマを搭載。
自分だけのお気に入りのホーム画面を設定することができる。

このほか、作中に登場したレースゲーム「F-MEGA」や好みのスタンドと撮影した写真を合成できるカメラ、
女性キャラクターのトリッシュをモチーフにした電卓など、オリジナルアプリケーションを多数搭載。
さらに、"ジョジョの名台詞"が候補に挙がるオリジナル予測変換辞書や
特別編集版のカラーコミック(第1~12巻)、デコメ絵文字、デコメテンプレートなどもプリインストールする。

端末の基本仕様はOptimus Vu L-06Dと同等で、4:3比率の5インチ(768×1024ドット)IPS液晶を搭載したスマートフォン。
機能面では、LTEサービス「Xi」やスマートフォン/タブレット向け放送局「NOTTV」に対応するほか、
おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信など日本の携帯電話でおなじみの機能も利用できる。

OSはAndroid 4.0を採用。


- - - - - - -


f-mega.jpg

ジョジョ携帯・・あの花京院もハマったF-MEGAも出来るなんて欲しすぎるけど、
本体高さ14cm、幅9cmってかなりデカい!??

SC-06D(ギャラクシー3)にするか悩みますなぁ


[PR]密教法具 販売

荒木飛呂彦原画展・ジョジョ展

news_large_jojoten_logo.jpg
[抜粋:まんたんウェブ]

荒木飛呂彦さんの人気マンガ「ジョジョの奇妙な冒険」(集英社)の連載25周年を記念した原画展
荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展の仙台会場の開催概要が決定した。

会場は仙台市青葉区のせんだいメディアテークで、期間は7月28日~8月14日
仙台は荒木さんの出身地で、同シリーズの第4部と8部(現在連載中)の舞台“杜王町”のモデルとなったことにちなみ、
イベント名は「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町」とし、故郷での原画展を盛り上げる。

「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズは、86年12月に「週刊少年ジャンプ」で連載を開始。
数世代にわたり個性的な悪人たちと戦う壮大なストーリーに加え、独特の擬音を用いた表現、
立ちポーズなどが人気を博している。現在は第8部「ジョジョリオン」を連載中。

荒木さんは11年の画業30周年と、12年の連載25周年という”Wアニバーサリー”を記念して、2年間にわたり数々の企画を実施。
11年9月には、「グッチ新宿店」(東京都新宿区)で「岸辺露伴 グッチへ行く」の原画展
「GUCCI × HIROHIKO ARAKI × SPUR『岸辺露伴 新宿へ行く』展」を開催した。

「ジョジョ展 in S市杜王町」の入場料は大人1500円、高校生以下800円、未就学児童は無料。
チケットは「ローソンLoppi」で購入可能で、5月7日から発売を開始する。「ジョジョ展 in S市杜王町」の公式サイトもオープンしている。

なお10月下旬から東京でも、仙台と異なる展示内容の「ジョジョ展」を開催予定



- - - - - - -

06e18f4f.jpg

ブログでの紹介を忘れてましたが、
今年、仙台&東京の2会場でジョジョ展が開催されます。

「スタンド使いはスタンド使いに惹かれ合う」様に、
ジョジョ好きはジョジョ好きに惹かれ合う!??笑

という事でやれやれ、これは行くしかないですね


[PR]独鈷杵 販売

「岸辺露伴 新宿へ行く」展

gucciaraki.jpg

ブランド創設90周年を迎え、GUCCI新宿がリニューアルオープン。

それを記念して、昨日17日より「ジョジョの奇妙な冒険」著者の荒木飛呂彦先生の原画展
「岸辺露伴 新宿へ行く」が開催されています。

店舗3Fフロアにて、荒木先生が描き下ろしたSPUR10月号の表紙や
ファッションイラストの原画6点、また、その6点のイラストで描かれた
グッチ2011・12年秋冬コレクションの服やバッグ、スニーカーなどが展示(販売!?)されている様です。
合わせてグッチ新宿のウィンドウも「岸辺露伴 グッチへ行く」をスペシャルフィーチャー。


GUCCI × HIROHIKO ARAKI × SPUR「岸辺露伴 新宿へ行く」

期間:2011年9月17日(土)~10月6日(木) 11:00~20:00
会場:グッチ新宿
住所:東京都新宿区新宿3-26-11 新宿高野ビル



これは斬新。行ってみたいですね~。




sspur.jpg

「岸辺露伴 グッチへ行く」は、
「グッチの歴史と伝統にインスピレーションを得て描いた」とされる作品で、
イタリア・フィレンツェのグッチの工房を舞台としたオールカラー16ページの読み切り短編。

SPUR10月号に別冊付録として封入されています。これも買わねば…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。